誰でもわかるバッテリー入門

スパナと言えば、誰もが見たことがあり、イメージしやすい工具のひとつだと思いますが、
実はあまり使われることってないんですよね。
といいますのも、スパナはボルトなどに接触する部分がたったの2面、つまりそれだけで締めたり、緩めたりしなければならないため、
慣れていないとうまくできないことがほとんどなのです。
ですからよくこれが使用される自動車整備などの現場でも、スパナでしか無理だ、という状況に陥るまで工具箱で眠るのがほとんどなのです。

 

さてこのスパナの使い方ですが、まずは先ほども述べたとおり、2面でしか目的のものをつかめないと言う理由から、すべらしてしまうことが多々あります。
使用の前に、スパナは重い工具ですし、万が一手をすべらせてしまえば、他人に危害を加えることとなりますから、十分注意が必要だということを頭に入れておいてください。

 

スパナ使用の基本はボルトなどと平行にして使うことです。
少しでも斜めになっていれば、滑らせてしまう原因や、ボルト破損などを招いてしまうことになります。
そして先端だけを使うのでなく、ボルトがしっかりスパナに包まれていることを確認しましょう。

 

よくあるのが、ボルトが回らなくて金槌などでスパナを叩く行為ですが、これはスパナにもボルトにも負担をかけることとなりますから避けるべきです。



【工事系情報】スパナの使い方ブログ:2018-6-24

減量中は、
規則正しくご飯をするということが、基本中の基本です。

特に午前中食をしっかりと食べるということが、大切です。

午前中食を抜いてしまうと、
むしろ減量には逆効果につながってしまう恐れがありますので、
注意しましょう!

それは、わたしたちの血糖に大きく関係をしています。

ご飯を食べない状態が続くと、
わたしたちの身体は低血糖が続く状態になります。

午前中食を食べないということは、
睡眠時間もプラスすると、
半日はざらに食べない状態が続くことも十分に考えられますよね。

すると、わたしたちの身体は
血糖を正常な値に戻そうという努力をします。

その一環として、
コルチゾールというホルモンを分泌するのです。

コルチゾールというホルモンは、
筋肉を分解することによって、糖質を作り出す働きがあります。
この糖質を活用することで、血糖をリカバーしようとするわけです。

筋肉というのは、
減量する上で欠かすことはできません。
筋肉が消費カロリーの大部分を占めているからです。

コルチゾールによって筋肉が分解されるということは、
筋肉の量が減少してしまうことを意味します。

ということは、再び代謝の力がダウンをし、
せっかく減量をして増やしてきた筋肉を
元にもどしてしまうわけです。

だから、減量にとって
午前中食は大切なんです!!

もし午前中一でご飯をすることが難しいという人は、
午前中、仕事が一段楽したときにでも、
すぐに食べられるものを用意しておきましょう。

午前中にご飯をすれば、
コルチゾールの分泌量を少なくすることができるからです。