誰でもわかるバッテリー入門

スパナと言えば、誰もが見たことがあり、イメージしやすい工具のひとつだと思いますが、
実はあまり使われることってないんですよね。
といいますのも、スパナはボルトなどに接触する部分がたったの2面、つまりそれだけで締めたり、緩めたりしなければならないため、
慣れていないとうまくできないことがほとんどなのです。
ですからよくこれが使用される自動車整備などの現場でも、スパナでしか無理だ、という状況に陥るまで工具箱で眠るのがほとんどなのです。

 

さてこのスパナの使い方ですが、まずは先ほども述べたとおり、2面でしか目的のものをつかめないと言う理由から、すべらしてしまうことが多々あります。
使用の前に、スパナは重い工具ですし、万が一手をすべらせてしまえば、他人に危害を加えることとなりますから、十分注意が必要だということを頭に入れておいてください。

 

スパナ使用の基本はボルトなどと平行にして使うことです。
少しでも斜めになっていれば、滑らせてしまう原因や、ボルト破損などを招いてしまうことになります。
そして先端だけを使うのでなく、ボルトがしっかりスパナに包まれていることを確認しましょう。

 

よくあるのが、ボルトが回らなくて金槌などでスパナを叩く行為ですが、これはスパナにもボルトにも負担をかけることとなりますから避けるべきです。



【工事系情報】スパナの使い方ブログ:2018-7-26

最初の離乳食は「赤いくだもの」から始まる。

あたくしたち人間の本当の主食はくだものなのであり、
その中でも赤い食べ物は
一番小さい息子でも見つけることができるくだものだからである。

なので
最初の離乳食にはリンゴを用いるべきであり、
そのリンゴを押し潰して、与えれば問題ない。

その離乳食が上手くいったら、次は薄いお粥を作り、
簡単な野菜料理などを出していけば良い。

薄いお粥に慣れてきたら、薄いお粥を段々濃くして行き、
通常のお粥にしていけばいいのだ。

離乳食はそれ専用で作るのではなく、
あくまでもお父さんとお母さんの食べる事に
関連する食材を使って作ることが大事。

こうすれば、
乳児も自分は親と同じ物を食べている感覚になり、
離乳食が進むようになる。

離乳食は最初の1ヶ月は1日1食にして
離乳食以外の栄養は、母乳で補うことも大切。

正確に言うと、母乳をメインにしながら、
離乳食を足して行くという方法を取るべきなのである。

1ヶ月後には1日2食にし、
離乳食をメインにするようにしていくのが望ましい。

離乳食の期間は個人差があるが、
長くても6ヶ月間ぐらいなので、
乳児の食べ具合や身体の調子を見ながら、
焦らずに行うことだ。

離乳食に関しては、
ベビーフードを買うことはやめておいた方が良い。

ベビーフードは
乳児が美味しいと感じるように作られているので、
乳児は喜んで食べてくれるが…

ベビーフードには食品添加物が入っているので、
乳児にとっては非常に危険!

しかもベビーフードを買えば、
それだけ出費がかさむことになるので、
予想外の出費になってしまう。

離乳食は
あくまでもお父さんとお母さんが食べている残り物で充分なのであり、
お金をかけるべきではないのだ。