【工事系情報】スパナの使い方

【工事系情報】スパナの使い方


【工事系情報】スパナの使い方
スパナと言えば、誰もが見たことがあり、イメージしやすい工具のひとつだと思いますが、
実はあまり使われることってないんですよね。
といいますのも、スパナはボルトなどに接触する部分がたったの2面、つまりそれだけで締めたり、緩めたりしなければならないため、
慣れていないとうまくできないことがほとんどなのです。
ですからよくこれが使用される自動車整備などの現場でも、スパナでしか無理だ、という状況に陥るまで工具箱で眠るのがほとんどなのです。

さてこのスパナの使い方ですが、まずは先ほども述べたとおり、2面でしか目的のものをつかめないと言う理由から、すべらしてしまうことが多々あります。
使用の前に、スパナは重い工具ですし、万が一手をすべらせてしまえば、他人に危害を加えることとなりますから、十分注意が必要だということを頭に入れておいてください。

スパナ使用の基本はボルトなどと平行にして使うことです。
少しでも斜めになっていれば、滑らせてしまう原因や、ボルト破損などを招いてしまうことになります。
そして先端だけを使うのでなく、ボルトがしっかりスパナに包まれていることを確認しましょう。

よくあるのが、ボルトが回らなくて金槌などでスパナを叩く行為ですが、これはスパナにもボルトにも負担をかけることとなりますから避けるべきです。




【工事系情報】スパナの使い方ブログ:2019-1-15

わしは物心ついた頃から、お母さんとだけは
学校のこと、好きな人のこと、将来のこと…なんでも話してきたし、
その関係は今でも変わらない。

しかし、父との関係は全く違う。
わしの父は非常に寡黙で、それでいてとてもシャイ。

わしが小学生の頃ですら、
父とはほとんど口をきいた記憶がないし、
怒られたり褒められたりした記憶もない。

幼い頃は、
わしに対する父の無関心な態度を当然のように感じていたが、
わしも思春期を迎える頃には
そのような父の姿勢に疑問を感じるようになった。

そこで、お母さんに
「なぜお父さんと結婚したの?」と尋ねたことがある。

するとお母さんは、
「結婚したときはもっとおしゃべりだったんだよ!」と、
諦めの気持ちが半分見え隠れするような笑顔でそう答えた。

父は、わしのことが好きではないのだろうか…

学生時代、わしは札幌で一人暮らし。
大学一年の夏休みに帰省した時…

久しぶりに実家のドアを開けて驚いたことがある。
あの父が、満面の笑みで「おかえり」と声をかけてきたのだ。
これは事件だった。

わしはなんだかむず痒い気持ちになって、
少々ポカンとしていた。

父がその場を去ったあと、
お母さんが「お父さんの書斎を見てごらんよ」と
にやにやしながら声をかけてきた。

父の書斎をこっそりのぞくと、
わしが通う大学から送られてきたであろう大学情報誌や学部報が
机の上に積まれていた。

その光景を見て、
わしはなんだか心が締め付けられるような思いがした。

久しぶりに実家に帰ってきた
女の子の姿を見て満足そうに微笑む父の姿を見て、
わしからも父に歩み寄ってみようという気になった。
【工事系情報】スパナの使い方

【工事系情報】スパナの使い方

★メニュー

【工事系情報】用途に合わせてペンチ選び
【工事系情報】スパナの使い方
【工事系情報】玉掛け作業の手順と注意事項
【工事系情報】エアコンプレッサの特徴と使い方
【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
【工事系情報】通販で工具を購入してみよう
【工事系情報】エアコンガスの種類
【工事系情報】美しい仕上がりの塗装スプレー
【工事系情報】包装資材に求められる高品質
【工事系情報】エンジンオイル添加剤とは


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰でもわかるバッテリー入門