【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンス

【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンス


【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
自動車のバッテリーメンテナンスはいくつかありますが、電解液の管理というのは基本中の基本となっています。現在主流になりつつあるシールド型のメンテナンスフリーについてはそれを必要としませんが、電解液の液面が下がった状態で使用をしてしまうとやがて極板が露出してしまうこととなります。

このようになった状態で使用してしまうと絶対的に化学反応を起こせる部位がわずかになってしまうことから容量の小さいバッテリーを使用しているような状況を生んでしまい充放電が激しくなってしまい劣化が劣化を呼んでしまうことでしょう。更に使用を続けていくことによりサルフェーションと呼ばれる電極板白化現象が発生します。

このサルフェーションが発生した極板化学反応を起こすことが不可能となってしまい充電しても元に戻らなくなってしまいます。
こうなるとバッテリー交換以外に手段がなくなってしまいます。




【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンスブログ:2019-3-22

おいらは、朝方起きたら、
肉体をシャキッと目覚めさせるために、
起きたら真っ先にカーテンを開けるようにしています。

そして窓を開けて、深呼吸し、朝方の空気を吸いこむのです。
曇りのち雨の日でも曇りのち雨の日でも。
そうして、朝方が来たことを体に知らせてあげるのです。

次にを腹筋して肉体を暖めます。
朝方に腹筋を行なうと、体温が上がり、
その日一日の代謝量全体がアップするそうですよ!

そして少しの時間であっても、
散歩に出て朝方の空気を満喫するようにしています。

天気が良ければ、爽やかな朝の空気を感じ、
悪天候の日にも、悪天候の音と空気を感じれば、
肉体が「ああ、朝方が来たんだ!」と感じ、
エネルギーを消費するための交感神経も目覚めます。

それから帰ってきて、
シャワーを浴びたり、顔を洗って、
シャキッと肉体の外側も引き締めます。
心を引き締めると自然と肉体も引き締まります。

そして朝方食を摂ります。
朝方食は、内臓を活発に動かすために必ず必要です。

ちなみに、
内臓は基礎代謝の中でも38%を占め、
筋肉の22%よりも大きい比率を占めているそうです。

だから、腹筋して筋肉の基礎代謝を増やすよりも、
内臓を活発に動かして基礎代謝を高める方が効果的なんですね。

内臓の基礎代謝を高めるのには、
朝方食は必須とも言えるくらい重要なものなんです!

朝方食をとって内臓を動かすことにより、
内臓も「あぁ、朝方が来たんだ!」と分かり、
そこから働きだしてくれます。

これがもし朝方食をとらなければ、
内臓はいつまでも眠ったままで、
お昼食をとるまで活発に動き出してくれませんよ。




【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンス

【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンス

★メニュー

【工事系情報】用途に合わせてペンチ選び
【工事系情報】スパナの使い方
【工事系情報】玉掛け作業の手順と注意事項
【工事系情報】エアコンプレッサの特徴と使い方
【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
【工事系情報】通販で工具を購入してみよう
【工事系情報】エアコンガスの種類
【工事系情報】美しい仕上がりの塗装スプレー
【工事系情報】包装資材に求められる高品質
【工事系情報】エンジンオイル添加剤とは


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰でもわかるバッテリー入門