【工事系情報】エンジンオイル添加剤とは

【工事系情報】エンジンオイル添加剤とは


【工事系情報】エンジンオイル添加剤とは
現在さまざまなお店にずらりとならぶのエンジンオイル添加剤。
種類がたくさんありすぎてどれに手を出したらよいかわかりませんよね。
エンジンオイル添加剤にも多くの種類がありますが、大きくわけててテフロン系、塩素系、モリブデン系の3つに分類することができます。
その分類によって値段も違ってくるわけで、比較的よく購入されているものは塩素系のエンジンオイル添加剤だと思われます。
テフロン系は少々値段が高くなりますが、効果が長続きすることを考えると将来的には逆に安くなるかもしれませんね。
そしてモリブデン系はこの3種類の中では一番安いのですが、その添加剤としての役目を果たすものの、やはり劣化が早いのは事実です。

このように種類ごとの価格比較をしてみましたが、そもそもエンジンオイル添加剤というものは何なのか、ご存知でしょうか。
これには様々な役目があるのですが、燃費をよくする目的で買われる方が多いようです。
そのほかには、エンジンの回転をスムーズにすることで耐久性を向上させるなどの働きがあります。

このような利点を持つエンジンオイル添加剤、ではどうしてもともとエンジンオイルに含まれていないのか、と思われることでしょう。
実はちゃんと含まれているのです。
エンジンオイルって価格がピンからキリまであると思いますけど、実は添加剤がどれだけ入っているか、またその質の良し悪しなんかも値段に反映しているのです。

エンジンオイル添加剤が絶対に必要なのかと聞かれれば返答に困ります。
エンジンオイルそのものに添加剤がすでに入っているわけですから、必要ないといえばないような気もしますよね。
実際多くの方が添加剤を購入するより、もう少し質のよいエンジンオイルにそのお金を使ったほうが得をすると見ています。
ですからこれに関しては個人個人の意見を尊重するべきだと思いますから、興味のある方は一度調べてみるとよいですね。




【工事系情報】エンジンオイル添加剤とはブログ:2018-9-20

健康維持やダイエットのためには
食事と運動のバランスが大切ですが…

腹が空きすぎている時や
腹がいっぱいの時の運動は
逆に体に負担をかけてしまいますよ。

一般的に
食事は運動の
二時間前にとるのが良いと言われます。

それは、空腹時の運動は低血糖を起こしやすく、
満腹では胃に負担をかけたり、
逆に疲れやすくなってしまうからです。

体質によって異なりますが、
食べ物の消化吸収の時間が最低3時間といわれているため、
食後二時間経ったときには、
満腹でも空腹でもなく、血糖も程よく上がっているので
運動しやすいというわけです。

とは言え、
9時・昼・晩によって少々異なりますし、
食事の二時間後に
必ず運動できるとも限りません。

運動前と運動後では、
食事のとり方や目的もそれぞれ異なってきます。

運動前には消化がよく、
すぐにエネルギーになりやすいものがおすすめ。
たんぱく質や脂質の多い食事は、
消化に時間がかかるので控えましょう。

早朝の運動で時間がない場合は、
すばやくエネルギーになりやすい
バナナ、スポーツドリンク、野菜ジュース、フルーツジュースなどを
試してくださいね。

一方、運動した後、
運動によって消費された糖質や傷ついた筋肉を補うには、
たんぱく質を補給する必要があります。
柑橘系のフルーツはクエン酸なども含まれているため、
疲労回復にもってこいですよ。

やせたいからといって必要以上に食事量を減らすと、
疲労の回復は遅くなるので禁物!

また
運動したからといって
高カロリーのものを食べたり、食事を食べ過ぎたりすると、
逆に太ってしまいますので適量で抑えましょう。

【工事系情報】エンジンオイル添加剤とは

【工事系情報】エンジンオイル添加剤とは

★メニュー

【工事系情報】用途に合わせてペンチ選び
【工事系情報】スパナの使い方
【工事系情報】玉掛け作業の手順と注意事項
【工事系情報】エアコンプレッサの特徴と使い方
【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
【工事系情報】通販で工具を購入してみよう
【工事系情報】エアコンガスの種類
【工事系情報】美しい仕上がりの塗装スプレー
【工事系情報】包装資材に求められる高品質
【工事系情報】エンジンオイル添加剤とは


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰でもわかるバッテリー入門