【工事系情報】エアコンプレッサの特徴と使い方

【工事系情報】エアコンプレッサの特徴と使い方



【工事系情報】エアコンプレッサの特徴と使い方ブログ:2016-3-29


サウナで大量に汗をかけば、
何となく減量に成功した気がしてきますよね。

しかし、サウナで発汗して
減量したように見えても、水分補給をすれば、
簡単に元に戻ってしまいます。

水分を補給しなければ元には戻りませんが、
脱水症状を起こしてしまうので、絶対に水分を補給してくださいね。

脱水症状を起こすと、血液の流れが停滞し、
血栓ができやすくなってしまうので大変危険です。

また、標準体重よりも二割くらいオーバーウェイトな人は、
温度の高いサウナに入ると、からだに負担がかかりすぎます。
低温、もしくは、中温のサウナに入るようにしましょう!

高温のサウナに入った方が
汗をかいて痩せるというものでもありません。
減量のために…と、
無理に高温のサウナに入る必要はないのです。

サウナを活用した減量法としては、
サウナで代謝を高める方法がいいでしょう。

まず、10分くらいサウナに入ってからだを温め、
その後に、水浴びなどでからだを冷やします。
10分くらい休憩して体を冷やしたら、
またサウナに10分くらい入って、
からだを温める…というのを何回か繰り返すのです。

その際、水分は充分に補給しましょう。
からだに負担がかからないように気をつけてください。

一度やれば、
すぐに減量効果が出るというものではありません。
定期的に行うことが重要です。

もちろん、サウナに入った後に日本酒を飲んだら台無しですし、
スポーツドリンクも結構カロリーが高いので、
なるべく水かノンカロリーのお茶を飲みましょう。

入浴後には、湯冷めしないようにしっかりと汗を拭き、
からだを温かくして、風邪をひかないように気をつけることも大切ですよ。

どんとはれ
【工事系情報】エアコンプレッサの特徴と使い方

【工事系情報】エアコンプレッサの特徴と使い方

★メニュー

【工事系情報】用途に合わせてペンチ選び
【工事系情報】スパナの使い方
【工事系情報】玉掛け作業の手順と注意事項
【工事系情報】エアコンプレッサの特徴と使い方
【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
【工事系情報】通販で工具を購入してみよう
【工事系情報】エアコンガスの種類
【工事系情報】美しい仕上がりの塗装スプレー
【工事系情報】包装資材に求められる高品質
【工事系情報】エンジンオイル添加剤とは


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰でもわかるバッテリー入門