誰でもわかるバッテリー入門

自動車のバッテリーメンテナンスはいくつかありますが、電解液の管理というのは基本中の基本となっています。現在主流になりつつあるシールド型のメンテナンスフリーについてはそれを必要としませんが、電解液の液面が下がった状態で使用をしてしまうとやがて極板が露出してしまうこととなります。

 

このようになった状態で使用してしまうと絶対的に化学反応を起こせる部位がわずかになってしまうことから容量の小さいバッテリーを使用しているような状況を生んでしまい充放電が激しくなってしまい劣化が劣化を呼んでしまうことでしょう。更に使用を続けていくことによりサルフェーションと呼ばれる電極板白化現象が発生します。

 

このサルフェーションが発生した極板化学反応を起こすことが不可能となってしまい充電しても元に戻らなくなってしまいます。
こうなるとバッテリー交換以外に手段がなくなってしまいます。



【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンスブログ:2019-1-20

食事に使われる油の中には、
摂取すべきではない油がある。

それは「トランス脂肪」である油。

この油は人工的に作り出した油なので、
人間の体にとって非常に有害なのである。

その筆頭が「マーガリン」。

マーガリンを食べるとこれを分解するのに
大量のエネルギーが必要となるし、
体内に血栓を通り越して、悪性腫瘍を作る危険性が高まる。

マーガリンを菓子パンにつけて食べれば非常に美味しいが、
それは人工的に作られているからであって、
これが子どもの頃からの習慣になってしまうと、
子どもはこれを延々と食べ続けてしまうようになり、
病気になりやすくなる。

次に「ショートニング」。

ショートニングは
おやつにサクサク感を出させるために使われるもので、
これを子どもが食べ続けていると、カルシウムが奪われてしまい、
虫歯が当たり前になり、非常に骨折しやすくなる。

おやつ好きの子どもが虫歯になったり骨折するのは、
ショートニングの摂取により、
歯や骨からカルシウムが奪われてしまったからなのである。

トランス脂肪と同じくらいに危険なのが「過剰加工油」。
これは過剰に加工し過ぎてしまい、
ビタミン類が殆ど破壊されてしまっている油である。

この過剰加工油こそ「野菜スティック油」である。

野菜スティック油を使っていると、
この油が血管にべっとりと付着してしまうので、
血管自体がボロボロになっていく…

野菜スティック油は危険な油なのに、
品質が一定しているために、料理人たちが好んで使う。

料理本には野菜スティック油を使うように明記されているし、
大量生産のマヨネーズにも野菜スティック油が使われている。

外食が多いと健康を害すると言われるが、
それは野菜スティック油を使った料理が多いからなのである。